壺齋散人の 美術批評
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学プロフィールBBS


エルドラドのアリスティード・ブリュアン:ロートレック





ロートレックは、アンバサドゥールに続いてエルドラドのために同じようなポスターを作った。これについても面白い逸話がある。エルドラドは、ストラスブール街にあったカフェだが、そこの経営者にブリュアンが掛け合い、アンバサドゥールでの成功を再現すべく、ロートレックにポスター制作の依頼をすることを承知させた。ところがエルドラドの経営者はケチで、印刷実費に相当する金額しか出さなかった。そこで侮辱されたと感じたロートレックは、デザインに手を抜くこととした。アンバサドゥールに使ったデザインを、180度ひっくりかえしただけでそのまま使ったのだ。

だが、それはかえってポスターへの注目に拍車をかけることとなり、このポスターも大人気を博した。そのおかげでアンバサドゥールもエルドラドも大もうけをしたほか、アリスティード・ブリュアンも大人気を博することとなり、ポスター芸術家としてのロートレックの名声も大いに上がった。

アンバサドゥールとエルドラドのポスターを熟視すると、単にひっくり返っているだけではなく、多少の相違も認められる。マフラーの線の描き方とか、背後のシルエットなどだ。

顔料は、オリーヴ・グリーン、黄色、赤、青、黒の五色を使い、すっきりとした色彩感に仕上げている。

(1892年 リトグラフ 150×100㎝)





HOMEロートレック次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2011-2018
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである