壺齋散人の 美術批評
HOME ブログ本館 | 東京を描く 水彩画 日本の美術 プロフィール 掲示板


ルネサンス美術


ルネサンスは14世紀のイタリアに始まった文化現象を現わす言葉で、フランスの歴史家ミシュレが一時代を象徴する言葉として用いたのが始まりだ。その後、有名な歴史家ブルグハルトが、「イタリア・ルネサンスの文化」を著し、ルネサンスの概念を普及させた。日本では文芸復興と訳されることが多いが、文芸の分野にとどまらず、文化のあらゆる領域にまたがるものである。美術の分野も例外ではない。むしろ美術の分野こそルネサンス文化の華といってよい。

美術の分野でのルネサンスは15世紀に全盛を迎えた。その後、十六世紀になると、フランスや北欧にも伝播していき、全ヨーロッパ的な現象となった。また、宗教改革とも結びつき、ヨーロッパは中世から近世へと向かって急展開していくのである。このサイトでは、そんなルネサンス文化のうちで、イタリア・ルネサンスに焦点をあてて、その歴史的な発展過程と、代表的な作品を鑑賞していきたい。

ルネサンス美術を論じる場合には、その全体を四つに時代区分するのが普通である。15世紀前半の初期ルネサンス、15世紀後半の盛期ルネサンス、16世紀以降の後期ルネサンスとわけるほかに、その前段階としての前期ルネサンスを付け加え、四つに時代区分するわけである。

前期ルネサンス美術の代表はジョッド・ディ・ボンドーネである。かれは14世紀の初期にフィレンツェで活躍した画家で、中世美術を受け継ぐ一方で、生き生きとした人間表現やテーマの現実性など、ギリシャ・ローマ美術を参考にしながら、ルネサンスを先導するような役割を果たした。しかし、その運動は広範なものになることはなく、ルネサンス美術が本格化するのは、更に一世紀を経てからであった。

初期ルネサンス美術は15世紀初期に花開くと、あっという間に広がっていった。この時代を代表する芸術家は、建築家のブルネレスキ、彫刻家のドナテッロ、画家のマザッチオである。彼らの芸術には、古代ローマ・ギリシャ芸術の影響が色濃く見られ、遠近法による空間表現、写実的でダイナミックな人物表現など、ルネサンス美術の特徴といわれるものを体現していた。

盛期ルネサンス美術は15世紀後半から16世紀前半にかけて花開き、数多くの巨人的な芸術家を生んだ。この時代を代表する芸術家は、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ・ブオナロッティ、ラファエロ・サンティの三人である。かれらはフィレンツェやローマを拠点に活躍したが、そのほかヴェネツィアにはティツィアーノが現れ、その後のヴェネツィア派の美術をリードした。スペインで活躍したエル・グレコは、ヴェネツィアで修業したのである。

後期ルネサンス美術は、マニエリズムの時代ともいわれ、風変わりなフォルムを追求する芸術家が現れた。この時代を代表するのは、ティントレットやアルチンボルドである。

このサイトでは別途、ダ・ヴィンチの絵画とミケランジェロの壁画を取り上げているので、その部分は、重複を避けた。



ジョット・ディ・ボンドーネ:ルネサンス美術
フィリッポ・ブルネレスキ:ルネサンス美術
ドナテッロ:ルネサンス美術
ロレンツォ・モナコ:ルネサンス美術
マサッチオ:ルネサンス美術
フラ・アンジェリコ:ルネサンス美術
パオロ・ウッチェッロ:ルネサンス美術
フィリッポ・リッピ:ルネサンス美術
ピエロ・デラ・フランチェスカ:ルネサンス美術
アンドレア・デル・カスターニョ:ルネサンス美術
ジョヴァンニ・ベッリーニ:ルネサンス美術
アンドレア・デル・ヴェロッキオ:ルネサンス美術
サンドロ・ボッティチェッリ:ルネサンス美術
ドメニコ・ギルランダイオ:ルネサンス美術
ジョルジョーネ:ルネサンス美術
ミケランジェロの彫刻1:ルネサンス美術
ミケランジェロの彫刻2:ルネサンス美術
ラファエロ・サンティ1:ルネサンス美術
ラファエロ・サンティ2:ルネサンス美術
アンドレア・デル・サルト:ルネサンス美術
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ:ルネサンス美術
コレッジオ:ルネサンス美術
ティントレット:ルネサンス美術
パオロ・ヴェロネーゼ:ルネサンス美術
ジュゼッペ・アルチンボルド:ルネサンス美術


HOME









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2011-2019
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである